3Dフィギュアで家族の思い出を立体的に残してみる

LINEで送る
Pocket

3Dフィギュアを旅の思い出として持ち帰りませんか?というショップを見つけたのはサンフランシスコの人気観光スポット「ピア39(PIER39)」でした。しかし時間がなく、作成することができずに帰国。どこかで同じサービスがないかな、と思っていたところ見つけたのが「横浜そごう写真館」さんの3Dフィギュア『ミニ・ミー(Mini-me)』。

子供のお祝いに記念になるので今の自分を立体的に残すことにしました。サイズを実際においてあるフィギュアで見てみると、日本の飾り棚におけるサイズ。アメリカでは大きいサイズが主流でした。こちらでは決められたサイズではなく、実物の10分の1サイズでの作成になります。リアル感がありますね。
サンフランシスコのお土産屋さんの時は、待っていればできるということでしたが、こちらでは撮影してから完成まで一か月ほどの時間が必要です。

フィギュアは3Dスキャナーと3Dプリンターを使用して石膏に描いていきます。撮影は一人ずつ。ターンテーブルの上で90秒静止します。完全予約制なので予約時に撮影に不向きなものを確認してから撮影されることをお勧めします。出来上がりの納得感が違います。再現性をあげるために洋服の素材や色など事前に確認してから撮影にのぞみました。完成したフィギュアは、着衣していた服の色を丁寧に再現しています。

どんな人がフィギュアを作るかと言えば、やはり若い方が適切かもしれません。なぜならば、その陰形が立体で残るというのは、写真とはまた違い面白いものです。後姿がキュートだった、横顔がこの当時漫画のキャラクターに似ていたなどということが多面的に思い起こせるのです。

お孫さん、姪、甥などと機会をもって作成しに行くのがいいと思います。もちろんご家族の思い出づくりにも最適です。3Dフィギュア、それは新しい思い出の形です。

■3Dフィギュア|横浜そごう写真館(公式HP)
■履歴書写真・証明写真・記念写真|横浜そごう写真館|渡邉写真館(公式HP)

※以下のリンクは「横浜そごう写真館」さん以外のネットショップのご案内です。
■フィギュア/ホビー(楽天市場)
■創作、オリジナル フィギュア(Yahoo!ショッピング)

<横浜そごう写真館>
◯住所 神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店7階

 

(画像出典:http://www.watanabephoto.co.jp/)

LINEで送る
Pocket