日本の食卓に変化を起こす存在に・・・「Roppo甲州ワインタンブラー」誕生

LINEで送る
Pocket

日本を代表するワインといえば、甲州ワイン。山梨県の土着品種である甲州種ブドウから造られるワインの総称です。そんな甲州ワインをより美味しく飲むための専用タンブラーが発売されました。それが「Roppo甲州ワインタンブラー」です。あるようで無かった甲州ワイン専用のワインタンブラー。生まれたキッカケや特徴を紹介しましょう。

甲州ワインの生まれの里であり、現在でも日本随一の甲州ワイン産地の山梨県。その昔、この地域の方々はワインを湯のみ茶碗で飲んでいたそうです。
ワインというとガラス製のワイングラスというイメージですが、地元の方々が湯のみ茶碗で飲んでいたということは、それだけワイン文化が根付いていただけでなく、陶器で飲むことで甲州ワインが美味しく飲めるからである、と考えられます。
陶器独特の暖かみある感触、握りしめるという感覚、さらに温度変化を防ぐ保温性など、陶器にはガラスには無い特徴があります。甲州ワインの根っこにある郷愁を誘う“土っぽさ”と陶器の土の温もりのマッチングは、決して意外なことではないのです。

Roppo甲州ワインタンブラーは、青磁風の優しい青みがかった温もりを感じる表情をしています。「さぁ、今日はワインだ」と、気構えてワイングラスをものものしく用意するのではなく、気軽に食卓に並べることができます。
飲み口が薄く造られており、口辺りも良くワイングラスに引けを一切取りません。そして、何といっても注目すべきは日本人の食卓に馴染みやすいという点です。醤油や生魚の持つ独特の風味、ウニや牡蠣の持つ海臭さを包み込み、すんなりと洗い流すのが甲州ワインの最大の利点。
和の食卓にRoppo甲州ワインタンブラーがあるだけでも、ハイブリッド感がなく、自然に食事が楽しめるはずです。

ワインを愛する人々が生み出した、甲州ワインのためのタンブラー「Roppo甲州ワインタンブラー」小売価格3,500円(税別)。一度、その手に取って甲州ワインを楽しんでいただければと思います。

■Roppo甲州ワインタンブラー(テイストアンドファン株式会社)

■Roppo 甲州ワインタンブラーが買える店 | Roppo 甲州ワインタンブラー

LINEで送る
Pocket