サマーシーズンのゴルフは距離計を使いこなして感覚に磨きをかける

LINEで送る
Pocket

ゴルフコースをラウンドしていると景色により人の目は錯覚しやすくなります。ピンフラッグを例にすると、広い所は近くに見えて、狭い所だと遠くに見えてしまいます。

プレーヤーはグリーンの周りの木や池、景色に騙されないようにしたいものです。
よくあるパターンとしては、ヤーデージ杭を参考にして距離を確認してみるものの、思ったより遠く(もしくは近く)にピンフラッグが見える、という自分の感性を重視してボール打ってしまうことです。
遠いと感じているままだと力んで打ってしまったり、ちょっと近いかなと感じているまま打つと力を緩めて打ってしまったりと、どちらも良い結果につながらないことが多いのです。

ゴルフコース設計家はプレーヤーの心理や錯覚を利用してコースを設計しています。そんなコース設計者の思うツボにはまらないために、今回は『ブッシュネルゴルフ(Bushnellgolf)』さんのレーザー距離計「ピンシーカーツアーXジョルト」をご紹介いたします。

先端であるレンズ側にフェースプレートが付いていて、これを入れ替えることにより“スロープ機能あり”と“無し”に使い分けることが出来ます。
赤いフェースプレートをセットすると、公式競技では使用できない(練習ラウンド使用可能)スロープ機能(勾配計算)が使えます。黒いフェースプレートに付け替えるとスロープ機能がなくなり、距離測定のみが使えるという便利な機能が搭載されています。

測定可能距離は5〜1,300ヤード。このモデル名の「ジョルト」とは振動のことで、測定完了を振動で体感できるのが特徴です。
プライベートラウンド時のゴルファーにとって、最も良いサポートとして活躍してくれます。(※1)

ざっと説明した限りでこれだけの高性能を持っている優れもの。「ピンシーカーツアーXジョルト」でしっかりと距離を測りプレーをすると、距離感が磨かれます。計測を繰り返すことで、見ただけで距離を把握することが出来るようになり、使えば使うほど感性と実際の距離感が合ってきます。

サマーシーズンのゴルフは、「ピンシーカーツアーXジョルト」で貴方の距離感覚にさらに磨きをかけてみませんか。

(※1 競技では基本使用不可ですが、一部で使用が許されている大会もあります。ご参加される各競技にお問い合わせください。)

■Bushnell GOLR ゴルフ用レーザー距離計 ピンシーカーツアーXジョルト/正規輸入代理店(株式会社阪神交易)
■ブッシュネル ゴルフ用レーザー距離計 ピンシーカーツアーXジョルト(ビックカメラ)
■ブッシュネル ピンシーカーツアーXジョルト(楽天市場)
■ブッシュネル ピンシーカー ツアーXジョルト 日本正規品(Amazon)

(画像出典:http://www.bushnellgolf.jp/)

LINEで送る
Pocket