3年ぶりの開催、男子ゴルフワールドカップ2016を観戦しよう。

LINEで送る
Pocket

今年は、3年ぶりに実施される男子ゴルフのワールドカップの年。舞台は、南半球のオーストラリアはメルボルンにある「キングストンヒースGC(Kingston Heath Golf Club)」にて開催されます。

気になる日程は11月24日(木)から27日(日)までの4日間で72ホール。各国からの代表2名✕28ヵ国による団体戦で行われます。

第1回ゴルフワールドカップが開催されたのは63年前の1953年。今年は第58回目の開催となる歴史ある大会です。過去の成績ではアメリカが断トツの優勝回数を誇りますが、日本も過去2度の優勝を飾っています。

日本に初めて優勝をもたらしたのは、1957年、埼玉県の霞ヶ関CCで行われた第5回の大会で中村寅吉氏と小野光一氏のタッグが勝利しました。2度目は2002年、メキシコのビスタバラータ・ニクラスコースでの伊澤利光氏と丸山茂樹氏がタッグを組み、日本に45年ぶりの優勝を勝ち取りました。

前回、2013年に行われた競技方法はオリンピックを想定した個人ストローク戦が導入されました。
今年は初日と3日目はフォアサム、2日目と最終日はフォアボール(ベストボール)と、オリンピックにはなかった団体競技で争われる模様です。

賞金総額は800万ドル。優勝チームはなんと256万ドル。2016年の日本代表は松山英樹選手と石川遼選手に決まりました。
アメリカやオーストラリアなどの強豪国のトップ選手がエントリーし技を競う男子ゴルフのワールドカップ。力の差はありつつも、若き二人の日本最強コンビで3度目の優勝を勝ち取って欲しい、そう期待せずにはいられません。

実力と人気が高い二人がタッグを組む同大会の経済効果は相当なものです。観戦ツアーも組まれ、多くのゴルフファンから活躍を期待されています。

『H.I.S.』からは、5日間または7日間のコースがあり142,000円〜227,000円とお手頃ですが、観戦チケットはついていません。別料金ですが、希望日を伝えて手配することができます。混雑を考えると追加料金を払っても送迎を申し込みをしておくと便利でしょう。

他にも、『ジェット&スポーツ』からも初のワールドカップの観戦ツアーが組まれています。こちらのツアー料金は4泊7日で398,000円〜となっており、2日目からの観戦チケット3日間とゴルフ場ホテル間の送迎車の利用がつく快適なツアーです。

オリンピック、ライダーカップに続き、ワールドカップと、見どころいっぱいの大会が続いている男子ゴルフ。3度目の優勝という歴史的瞬間が観れるかもしれません。そんな期待を胸に、20代の若き二人が挑戦する姿を見に行ってみてはいかがでしょうか。

■World Cup of Golf(公式HP)
■World Cup of Golf: Tickets(現地パッケージツアー)【2016.11.07追記】
■Kingston Heath Golf Club(公式HP)

◯観戦ツアー申し込み
■ゴルフワールドカップ2016 観戦サポートプラン/海外ゴルフツアー(H.I.S.スポーツイベントセクション)
■ゴルフ ワールドカップ観戦応援ツアーinメルボルン7日間/JetGolf(株式会社ジェットアンドスポーツ)

<Kingston Heath Golf Club>

 

(画像出典:http://www.kingstonheath.melbourne/)

LINEで送る
Pocket