ジャワ島バティックの街のホテル「Roemahkoe Heritage Hotel(ローマコー・ヘリテージ・ホテル)」

LINEで送る
Pocket

インドネシアのジャワ島中央部に位置する「ソロ(Solo)」は、宮廷文化の町で知られる古都で、全体的にのんびりした雰囲気をもった風情のある場所です。伝統工芸を実感出来る土地であるソロを旅される時は、コロニアル調のブティックホテル「Roemahkoe Heritage Hotel(ローマコー・ヘリテージ・ホテル)」に滞在されてはいかがでしょうか。物価が低い東南アジア旅行だからこそ、ロイヤルスイートの部屋がおすすめです。

この建物は歴史的建造物を改築したホテルで、展示されている家具や絵画が非常に素敵です。最新の設備があるホテルではありませんが、レトロ感や趣を楽しむことが出来る場所です。
チェックインの時はインドネシア式のプチアフタヌーンティーを用意してくれるという嬉しいサービスがあります。夕食時はタイミングが合えば、インドネシア伝統音楽のガムラン音楽を聴くことが出来るかもしれません。フロントに演奏時間を確認しておくと良いでしょう。

またインドネシア伝統的な布のバティック専門店が点在している、バティック歴史地区“Laweyan(ラウェヤン)”に隣接しているホテルなので、色々なショップを訪ねて散策を楽しみながらバティックを吟味するには便利です。
インドネシアのバティックはユネスコによって世界無形文化遺産に認定されています。産地によって色や柄などが異なるので、あなた好みの良質なソロ産バティックを探されてみてはいかがでしょうか。

まるでインドネシアの歴史のなかに迷い込んでしまったような雰囲気に包まれた「ローマコー・ヘリテージ・ホテル」。都会的なホテルの快適さはありませんが、ジャワの歴史、文化の魅力を再発見できる場所です。

■ROEMAHKOE HERITAGE HOTEL(公式HP)

(photo:https://pixta.jp/)

LINEで送る
Pocket