コスパのいい本格フランス料理店が自由が丘駅近くに登場

LINEで送る
Pocket

駅からなんと、徒歩2分。「シャンペトル(Champetre)」さんは、自由が丘にあります。
フランスの街をイメージする自由が丘。毎年5月にはフランスの国旗がはためくマリ・クレール祭りでにぎわうこの街には、代表的なフレンチレストランのお店がありますが、ここに新星が誕生です。

階段をおり地下1階へ。「シャンペトル」さんの店内は、スタイリッシュ。シンプルで清楚な落ち着いた雰囲気です。
一皿目はアミューズ。タスマニアンサーモンのマリネは、キュービック。美味しい一口で、あとに続くお料理に期待が膨らみます。
パンは自家製のカンパーニュ。焼きたてです。
グリーンピースのスープにパンを絡めていただきます。イギリスのマナーでは、パンに絡めては、いけないのですが、フレンチでは、ソースを絡めて食べたりします。カフェ・オ・レにパンを浸して食べる人たちなので、大丈夫なのでしょう。

フランス産のコガモのローストは、メインとして完成度が高いもので、マッシュしたポテトがベッドのように敷いてある上に鎮座している鴨肉。モリーユ茸のソースが濃厚。かなり技術の高さを感じる一品。
フロマージュブランとソルベをデセール、ミニャルディーズには、チョコレート風味、フランボワーズなどの小さな花のようなお菓子をいただきましょう。最後はカフェ・オ・レをいただきました。

訪れたときには、シャンパンをリーズナブルに提供するキャンペーンをしていました。味・質だけではなく、コストパフォーマンスもとてもいいお店。お料理に魅了されていたら、あっという間に時間が過ぎていました。あなたも、高い技術のフレンチを味わいに自由が丘に参りませんか。

■自由が丘のフレンチ 〜Champêtre〜(公式HP)
■シャンペトル(Champêtre)自由が丘/フレンチ(食べログ)

 

(画像出典:https://www.facebook.com/oasisdream)

LINEで送る
Pocket