フル-ツグラノーラのブームを先駆ける「自由が丘グラノーラ」は、一日の始まりにふさわしい味。

LINEで送る
Pocket

もちもちとした食感のベーグルの専門店が自由が丘にあります。『ジュノエスベーグル(JUNOESQUR BAGEL)』。カフェエリアもあるのでいつも混雑。そんなときはベーグルを数種類買って帰ることをしています。

ニューヨークに住んでいるユダヤ系の友人はベーグルが日常食。初めはパンと比べてもちもちしているだけだと思いましたが、クリームチーズを挟んで食べるのが病みつきになりました。
その自由が丘のベーグル店が今度は流行の「自由が丘グラノーラ」を販売しています。

ドライフルーツやナッツを使って各種フレーバーがパッキングされています。レギュラーのフレーバーは全部で5種類。忙しいかたやヘルシー志向なかたへの贈り物にも最適です。

「自由が丘グラノーラ」は味のバランスが絶妙。なかでもアーモンドが特に、食感も含め素晴らしいです。日本人はナッツを積極的にとることが少ないのですが、ナッツは“食べるサプリメント”と言われるだけに豊富な栄養価があります。健康面からも、毎日摂取したい食品です。

スイスの友人はミューズリー派でしたが、日本に来てからグラノーラ派になりました。わたしはヨーグルトと混ぜて食べますが、スイス人の友人はチーズと混ぜて食べます。チーズという発想に驚き。すこし分けてもらい味見をしたら納得。チーズといってもヨーグルトに近い味でした。これは、合います。

わたしのお気に入りはシンモンアップル。朝食だけではなくデザートとしても楽しめます。シナモンのアクセントがきいている大人風味のグラノーラです。

豊かな朝食で始める1日は、まさにリュクス。手間はかからずヘルシー、それでいて少し優雅な気持ちでスタートできる朝グラ生活。あなたも早速始めてみませんか。

■JIYUGAOKA GRANOLA/ジュノエスクベーグ(公式HP)
■自由が丘 グラノーラ/JUNOESQUE BAGLE(ジュノエスクベーグル)(楽天市場)
■自由が丘グラノーラ/JUNOESQUE BAGLE(ジュノエスクベーグル)/シリアル(Amazon)
■自由が丘 グラノーラ/JUNOESQUE BAGLE(ジュノエスクベーグル)/シリアル(Yahoo!ショッピング)

■ジュノエスクベーグル(公式HP)
■CAFE & SHOP一覧/ジュノエスクベーグ(公式HP)

(画像出典:http://www.junoesque.jp/)

LINEで送る
Pocket