古戦場に現れたメルヘンなレストランは夢のようなスイーツ王国だったのです!?

LINEで送る
Pocket

「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」。美味しいお菓子作りのために、素材から自分たちで作りたい、というテーマから2011年にオープンしました。パティシェの鎧塚俊彦氏が経営されています。
そこは相模湾を一望できる高台。その昔、豊臣秀吉が築いたとされる一夜城の城跡「石垣山一夜城歴史公園」に隣接しています。ちょっと上にあがると小田原の街が眼下に広がります。

厳選された食材は併設する畑で採れたものか、小田原の農家のものと限定。
東京から車を飛ばしてちょうどランチタイムに、到着。店名が書かれたゲート。開放感のある畑と森が広がっています。ここでベリーやレモン類がなっているのです。フルーツがマルシェに並んだり、スイーツやジャムに使われています。馬らしき木製のオブジェが入り口にあります。

建物の真ん中のパティスリー、右に進みレストランスペースへ。ランチをいただきます。特別プレートのデザートを食べると東京からわざわざ来た意味が感じられます。
パティスリーの奥にはケーキ用の大きなショーケースもあります。さらに、自家製パンやジャム、アイスクリームが並びます。
こちらで一番のおすすめスイーツは、一夜城ヨロイヅカ・ファームのシンボルとなるケーキ。小田原で栽培したみかんをたっぷり使用している、ふわふわとした食感の生地。そこにみかんジャムを塗って、クリームと一緒に巻き込んでおりお土産にぴったりです。

パティスリー、レストラン、マルシェが一体となった「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」。ディナーは事前の予約が必要ですが、東京からの日帰りドライブ、ちょっとした立ち寄り先としてお勧めの場所です。

■ToshiYoroizuka / 一夜城ヨロイヅカファーム(公式HP)

■一夜城 ヨロイヅカファーム (一夜城 Yoroizuka Farm)ケーキ (食べログ)

 

(画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/ichiyajyo_marusie)

LINEで送る
Pocket