世界で最高のコーヒーを味わうなら、相応しい場所でどうぞ・・・

LINEで送る
Pocket

コピ・ルアクのコーヒーは、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンが主演した映画の『最高の人生の見つけ方』にも登場していた幻のコーヒー。
六本木のミッドタウンにある、あの「ザ・リッツ・カールトン東京」の「ザ・ロビーラウンジ」で、その最高のコーヒーを飲んでみましょう。リッツ・カールトンに向かう庭園も美しいので、お散歩しながらのアプローチがリコメンドです。

お腹が空いているならば、アフターヌーンティのセットもいいのですが、今回はジャコウネコに赤いコーヒー豆のみを食べさせて、消化できなかった豆を煎って作るコピ・ルアクのお味を、最高に美しい場所でいただくのが目的です。コピ・ルアクはネコの腸内でほどよく発酵して、体外に出ると言われています。

銀のトレイで厳かに運んできてくださいました。おしゃれな陶磁器のコーヒーカップです。
しっかり、これがコピ・ルアクであるというカードもついています。香りが違うのは、ファーストノートからわかります。ボディがあります。ドリップコーヒーですが、油はありません。
爽やかな風味の中に独特な深い森の香りがします。コーヒーでアロマによるセラピューティックな時間が取れるとは思いませんでした。

お値段は時価(1杯3,500円以上)。入荷状況によっては、メニューにない時期もあるそう。
ラウンジには、クラシックの曲がかかり、コーヒー一杯でこんなに寛いでいる自分に驚きましたが、これぞ、最高の人生なのかもしれません。

■ザ・ロビーラウンジ / ザ・リッツ・カールトン東京 – Ritz-Carlton(公式HP)

 

(photo:https://pixta.jp/)

LINEで送る
Pocket