寿司は“しょうりゅう”で、というのが最近の合言葉。

LINEで送る
Pocket

「すし龍尚」と書いて「すし しょうりゅう」と読みます。「すし龍尚」さんは、白金高輪の駅から徒歩10分ほど、恵比寿駅からは徒歩30分の距離。前の違うお店を覚えているのですが、「すし龍尚」さんはモダンで美しい店舗として2014年に登場しました。堅苦しさはありませんが、ピンと背筋がのびる凛とした空気があります。

カウンターに座り、シャンパンをグラスでいただきましょう。「お任せコース」をお願いしました。季節や仕入れ状況によって内容がかわるそうですが、創作の突き出し、お造りに新しさを感じます。鮑のカラにウニのソース、御飯をパイ生地にみたてた一品。感動します。
手毬寿司のように塩で締めた魚が食べられるのも素晴らしいです。握りは、いきなりのヘビーなトロが出ますが、しっかり味で勝負している感じがします。天草のコハダ。必ず、産地を言ってくださいます。
握りは、握ったそばから出ますので手渡ししていただきましょう。そこはかとないお米の味が酢飯のお酢との対比で倍増されているようです。
国権酒造の「てふてふ」を合わせていただきました。辛さがこなれています。
握りに入ってからは、シャリに温かさや甘さを感じて味わいます。締めに頼んだ巻物の余韻に浸っていますと、最後のデザートに卵の旨味が生かされているプリンが出てきます。

隠れ家として位置するお店なのであまり有名ではありませんが、大切な方と美味しい料理を堪能してみたい方には、オススメの空間です。

■すし 龍尚(公式HP)
■すし 龍尚の予約(一休.com)
■すし龍尚 白金高輪/寿司 (食べログ)

◯住所 東京都 港区東京都港区白金3-1-5
◯定休日 毎週水曜日、祝祭日

すし龍尚

 

(画像出典:https://www.facebook.com/sushi.syoryu/)

LINEで送る
Pocket